未分類

たんぽぽ茶は母乳育児にいい!

更新日:

子供が生まれたら母乳育児をしたいと思ってはいても、母乳が出づらかったり、乳腺炎になってしまったりなど、そう簡単にはうまくいかないですよね。
そんな母乳育児に関する悩みを持ったママたちの救世主となっているのが「たんぽぽ茶」なんです。
ここでは、たんぽぽ茶が母乳育児にどのようないい影響をもたらすかを徹底調査してみました。

たんぽぽ茶は母乳育児にいい!

母乳育児にいいとされるたんぽぽ茶

たんぽぽ茶とは、たんぽぽの根や葉の部分を乾燥させ、コーヒーのように焙煎して作った飲み物であり、鉄分やビタミン、ミネラル等の栄養素を多く含んでいるため、多岐にわたる症状改善に効果を発揮します。
色や香りはコーヒーと似ているのですが、ノンカフェインなので、妊娠中の女性や母乳育児をする女性でも取り入れることができます。
老若男女、タイミング問わず飲むことができるので、家族みんなで飲むことができるのも魅力の1つです。

たんぽぽ茶と母乳の関連性

たんぽぽ茶を飲むことで、血液の循環を健全にしてくれる効果が期待できます。
母乳はそもそも血液から作り出されているので、たんぽぽ茶を飲むことで血液がサラサラになり、母乳が出やすくなるように働きかけてくれます。
普段の食事やたんぽぽ茶のような水分が母乳にもたらす影響に関して、明確な研究結果が報告されているわけではないのですが、母乳育児を望む女性に対して食事の改善をピックアップしている専門家の意見は多いのも事実です。
確かに明確な研究結果はないものの、様々な経験をもとに食事と母乳には大きな関連性があるということが言われているのです。
たんぽぽ茶は体に何らかの害を与えるようなものではないですし、簡単に生活取り入れることができるものなので、母乳育児を望まれる方は十分に飲んでみる価値があると思います。
ただし、利尿作用があるので飲みすぎるとトイレが近くなってしまったり、血圧を抑制する効果があるので、もともと低血圧の人は気をつけるべきだったりといったデメリットもあるので把握しておきましょう。

「たんぽぽ茶」と「たんぽぽコーヒー」

母乳育児を望む女性の間で人気を集めている「たんぽぽ茶」ですが、調べていると「たんぽぽコーヒー」という飲み物も見かけることがあります。
どちらもたんぽぽを原材料として使用しており、母乳育児にいい影響をもたらすとされていますが、大きな違いはあるのでしょうか。
製造元によっては、たんぽぽコーヒーとたんぽぽ茶は同じものとしており、細かく区別すらしていない場合もあるようなのですが、正確には製造方法や使用するたんぽぽの部位が異なるのが一般的解釈です。
「たんぽぽ茶」は、たんぽぽの根、茎、葉の部分をよく乾かしてから焙煎し、粉末にして作るものを言います。
また、「たんぽぽコーヒー」は、たんぽぽの根の部分のみを原材料として使い、たんぽぽの根を炒って、フィルターで濾過してコーヒーのような色合いや風味にしたものを言います。
製法が違うので、風味や濃さなどは微妙に異なるものの、基本的には同じものと捉えて問題ないでしょう。

「たんぽぽ茶は母乳への効果がない」という意見について

たんぽぽ茶を継続して飲んでいたら母乳が出やすくなったという口コミが多くみられる中、試してみたものの、母乳は出やすくならなかったという口コミも存在するのも事実です。
そもそも母乳の量を増やすには、十分な水分摂取することや、体を冷やさないようにすることが不可欠と言われています。
たんぽぽ茶には、母乳の量をアップさせるといった直接的な効果はあるわけではないのですが、体を温めてくれ、鉄分やビタミン、ミネラル等の栄養分を含み、カフェインを含まないといった効果があります。
そのため、たんぽぽ茶は母乳育児を行う女性にとって、最適な水分であることが言えるのです。

たんぽぽ茶の不適切な飲み方

たんぽぽ茶の母乳へ効果を体感できない方の中には、摂取の仕方が適切でない場合も考えられますので、以下に該当している方は注意しましょう。

キンキンに冷やして飲んでいる

たんぽぽ茶には、毛細血管の血液の巡りを良くし、体を温める効果があります。
しかし、キンキンに冷えた状態で摂取していては、どうしても体が冷え安くなってしまい、母乳も出にくくなってしまいます。 

 

摂取量が少ない

1日1杯程度しか摂取していない場合や、煮出し方が薄かったり、薄めて飲んでいたりすると、当然たんぽぽエキスも少量しか摂ることができないので、効果が実感できないことも多いです。

-未分類

Copyright© 本当に効いた!たんぽぽ茶の口コミ・評判について , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.