未分類

たんぽぽ茶の味について

更新日:

たんぽぽ茶は、母乳の量を増やしたい育児中のママや、妊娠中や妊活中の女性を中心に人気上昇中の飲み物です。
毎日継続して飲むことで、様々な症状の改善、健康増進に効果を発揮するたんぽぽ茶ですが、効果や安全性だけでなく、その味についても気になる方も多いかと思います。
そこで今回は、味に焦点を当ててたんぽぽ茶を解説していきたいと思います。

たんぽぽ茶の味について

たんぽぽの魅力

春先には黄色の綺麗な花も咲かせ、道端で目にする機会も多いたんぽぽ。
当たり前のようにそこら中に生えているのですが、実は、たんぽぽは身体への健康効果高い植物なのです。
古来の中国では漢方として、欧米では薬草として重宝されてきており、今でもスーパーで普通に販売されています。
このたんぽぽの根や茎、葉の部分を焙煎してお茶にすることで、栄養価が高いタンポポエキスを気軽に摂取することができるのです。

たんぽぽ茶の味について

気になるたんぽぽ茶の味についてですが、口コミなどを見てみても飲みにくいといった意見はとても少ないと思います。
味覚には個人差があるので合わないかともいるとは思いますが、老若男女問わず愛用者がいるということもあり、味に関するハードルは極めて低い健康茶です。
煮出すタイプのたんぽぽ茶は、濃度が濃すぎて苦くなってしまったりすることもありますが、現在はティーバックタイプのも多いので、簡単に淹れることができますし、濃くなりすぎるのも防げます。
やはり味に関しては、実際に飲んで体感してみるのが最もわかりやすいので、心配な方はまず少量を注文して自分に味が合っているかをチェックしてみてくださいね。
 
 

たんぽぽ茶は飲みすぎ注意?

味に問題がなければ、ついつい多く飲みすぎてしまったりすることもあると思いますが、だからといって身体に害があるということではないのでご安心ください。
たんぽぽ茶はカロリーもないので、飲みすぎて太る心配もありません。
ただ、血圧を抑制する作用もあるので、低血圧の方は飲む量は慎重に決める必要があります。
また、利尿作用があるので、尿意を催しやすくなることもありますので外出が多い方は注意が必要です。
たんぽぽ茶の原材料であるたんぽぽは、キク科の植物なのでキク科のアレルギーがある人は飲むのを控えましょう。

様々な種類が存在するたんぽぽ茶

たんぽぽ茶であれば、味も成分も同様であると思っている方も多いかと思いますが、製造メーカーによってたんぽぽの根や葉、茎の配合比率も異なります。
原材料がたんぽぽ100%であるたんぽぽ茶であれば、その分期待できる効果も高くなるのですが、味に関していうとコーヒーのような苦味が強くなります。
他のハーブとミックスしているものもありますが、たんぽぽの効用を期待するのであれば、たんぽぽ100%のたんぽぽ茶をチョイスしましょう。

味をアレンジしてたんぽぽ茶を楽しむ

たんぽぽ100%のたんぽぽ茶が口に合わない人は、たんぽぽ茶に様々なものを加えてアレンジするのもオススメです。

たんぽぽ茶&ハチミツ

 お茶にハチミツというとあまりイメージがわかない方もいるかと思いますが、紅茶にハチミツが合うのと同様、すごく美味しくなります。
 食事中には適していないのかもしれませんが、食後の一杯にはすごくオススメです。
カフェインも含んでいないので、ある程度冷やして飲んでも美味しいですし、寝る前に飲むとすごくリラックスした気持ちになりますよ。
 

たんぽぽ茶&ハチミツ&ショウガ

暖かいたんぽぽ茶にハチミツを入れ、すりおりしたショウガを加えると、ジンジャーティーのような味わいを楽しむことができます。
ショウガを使用することで体もポカポカし、ハチミツの効果で喉もケアできるので、寒い時期にはぴったりです。
他にも工夫次第で様々な飲み方を楽しむことができるので、継続して飲むことができるように、自分なりに色々アレンジしてみるといいでしょう。

-未分類

Copyright© 本当に効いた!たんぽぽ茶の口コミ・評判について , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.